one-recruit

SCROLL
PAGE TOP

どこまでも寄り添う。
それがONEの、
営業力。

interview
R.M
企業サポート事業部 コンサルティング営業 / チーフ 2021年 / 中途入社

事務職から営業職へ、キャリアアップを目指しONEへ転職。
未経験からのチャレンジでありながら、
今ではコンサルティング営業として第一線で働いている。
現在はチーフとしても活躍している彼女が、
ONEの営業を通して感じた "ヒトヂカラ"とは。

あえての厳しい指摘が、
チャレンジ精神を奮い立たせた。

前職ではずっと事務職として働いていました。職場に特に不満はなかったのですが、経験を積んでいく中で「長期的に人材業界で活躍したい」「そのために営業を経験して、スキルの幅を広げたい」と思うようになったんです。そこで人材業界での営業職に絞って転職先を探すことにしました。

さまざまな企業がある中でONEを選んだ理由は、商材の多さです。決まった商材を売る直販営業ではなく、お客様に最適な商材を選び、提案する。その方が、営業としてのスキルが高まり、お客様にも喜んでもらえると思ったんです。ONEのことは以前から成長企業として気になっており、「ここでなら自分も成長できる」と感じていました。

また、特に印象的だったのが面接でした。社員の多くが「面接が良かった」と言いますが、私はむしろその逆でした(笑)まだ自分のビジョンが明確に定まっておらず、考えの甘さを指摘される場面もあり、「絶対に落ちた」と感じるほど緊張感と厳しさのある面接でした。ただ、自分のためにあえて厳しいことを言ってくださる姿勢が信頼できると思いましたし、だからこそ選考に通ったときは「やってやろう!」という気になったんです。別の企業からオファーもあり迷ったのですが、チャレンジ精神を発揮できる環境に身を置きたいと思い、ONEへの入社を決めました。

people

自分のため、から、お客様のために。

interview

入社後は新規開拓に取り組み、アポが取れなくても、ONEや自分のことを少しでも印象付けようと意識していました。同じお客様に何度も連絡することがあるので、取り次いでいただく受付の方とも仲良くなれるように、会話の量を増やすことが大事だと思っています。

仕事のやりがいは、採用につながったお客様から「Mさんのおかげだよ」とダイレクトに言ってもらえることですね。中には訪問したときに、ウナギをご用意してくださった方もいらっしゃいました。新たに入社が決まった方と今後のことを話せる機会もあり、自分が少しは役に立てたと思わず嬉しくなります。こうした人と人のつながりを実感できることが、まさに営業の仕事の醍醐味だと感じています。

ただ、最初からそうした考えだったわけではありません。営業を始めたばかりのときは、成績を上げたい気持ちや、インセンティブで獲得できる報酬やオーダーメイドスーツがモチベーションでした。しかし、お客様と話すことが楽しくなり、次第に採用の成功自体に達成感を感じるようになっていったんです。お客様のことを深く知ることで、困っている会社を何とかしたいと心から思うようになりました。単純に数字だけを追いかけるのではなく、お客様のことを考えられるようになったのは、ONEで営業を経験したからこその大きな成長だと感じています。

寄り添う気持ちを、仲間たちにも。

日々の仕事で心がけているのは、お客様に寄り添うこと。お客様の意見を聞くことを第一にして、自分の価値観を押し付けないようにしています。セールスに対するお客様の壁を超えるためには、自社の魅力を最初に伝えるよりも、課題や悩みをしっかりと理解することが大切だからです。真摯に話を聞くことは思っている以上に難しいですが、それがお客様の気持ちに寄り添う第一歩だと感じています。

また、これからはお客様だけでなく、社内の仲間たちにも寄り添っていきたいです。さまざまな媒体の知識を吸収しながら営業に取り組むことは簡単なことではなく、若手や経験の浅い方はつまずいてしまうこともあると思います。だからこそ、つらいときに相談してもらったり、「まずはMさんに聞いてみよう」と後輩から気軽に頼ってもらえるような存在になりたいですね。

私自身、これまで就職活動や仕事の中でつまずいたときに、キャリアアドバイザーやマネージャーの方から寄り添ってもらったことがありました。そうした他人から受けた優しさは今もずっと覚えていますし、つらいときにはそれを糧にがんばることができると思います。自分がしてもらったことを、今度は若手たちにしてあげたい。そして、先輩がいてくれてよかった、さらにはONEに入って良かったと思える人たちを増やしていきたいです。

RECRUIT
INFO
採用情報

私たちは、共に成長し、
チャレンジしていく仲間を募集しています。