one-recruit

SCROLL
PAGE TOP

営業担当ではなく、
人事担当として
貢献していく

interview
K.M
企業サポート事業部 コンサルティング営業 / チーフ 2020年 / 新卒入社

広告という業界への憧れから、求人広告代理店のONEに入社。
新入社員のころはお客様とのコミュニケーションに課題を感じていたが、
入社2年目の現在は「お客様目線」を心がけ、
顧客から絶大な信頼を得ている。
彼が飛躍的に成長できたきっかけとは。

「なんとなく」の応募が、
衝撃的な出会いに。

就職活動では、最初から営業職を考えていたわけではありませんでした。広告の世界に憧れがあり、就職活動でいろいろと調べていたときに、たまたまONEの新卒募集の情報を目にしたんです。そこで興味を持ち、求人サイトのインタビューを読む中で、当時やりたかった制作よりも営業の仕事も面白そうだと感じました。ただ、その時点では「とりあえずやってみようかな」という軽い気持ちでした。

その意識が変わったのは、ONEの2次面接のときです。担当していただいたのが、新卒入社で4年目の方だったのですが、佇まいがとても堂々と落ち着いており、「わずか4年でここまで成長できるのか」と衝撃を受けました。また、成長に合わせて、給料や待遇面もステップアップしていけることも教えていただき、自分もこんな風になりたいと思ったことが入社の決め手です。

入社後は新規獲得に取り組みましたが、かなり苦戦しましたね。元々、話すことがあまり得意ではなく臨機応変な対応に欠ける部分があったので、スムーズにアポを獲得できる同期を見ながら焦りを感じていました。そんな中でも自分で各業界の勉強をして、「あのお客様にこんなことを話してみようかな」と会話の内容について試行錯誤を重ねていました。
また心配してくれた上司が個別で面談を設定し、いろいろとアドバイスしてくれたので、救われることもありました。

interview

その会社の人事担当になったつもりで動く。

interview

最初のアポイントが取れたのは、入社後一ヶ月が経ったときでした。牛乳を売っている小さな販売所だったのですが、「会うだけでもいいので」とお伺いして採用手法などを説明させていただきました。結果として受注に至らなかったのですが、いろいろと話す中で会話に余裕が生まれるようになったんです。きっと以前は自分が話すことに必死で、課題や悩みをじっくり聞いていなかったのだと思います。その後は今までが嘘のようにアポが次々取れるようになり、初受注もいただくことができました。

新規獲得の経験を活かして、2年目には既存のお客様のフォローも担当するようになりました。テレアポは短時間で課題をヒアリングし、魅力的な提案をすることが重要ですが、既存のお客様のフォローでは何かを売るわけではありません。的確な分析とアドバイスが求められるので、1年目とは大きく意識が変わりました。普段から採用についてできるだけ深い知識を吸収するようにしています。

日々の仕事では、お客様の会社の人事担当者になったつもりで動くことが重要です。以前、お客様が他社で掲載している広告の文言に違和感があったとき、「御社が求めているものと違くないですか?」と素直にお伝えしたところ、「よく分かったね。実はそうなんだよ」と感謝されたことがありました。お客様の立場になり、本当に発信したい情報を見極め、最適な文言を提案していく。そうした努力が実り、「今まで広告をやってきたのはMさんだからだよ」と言っていただけたときは、本当に嬉しかったですね。自分の仕事を評価いただき、会社の看板ではなく、自分の人間力で選んでいただけることが、モチベーションになっています。

ONEは、
人にやさしい会社だと思う。

コミュニケーションが課題だった新入社員のころに比べると、お客様の気持ちを想像できるようになったと思います。多くのお客様は採用に関して不安と焦りが入り混じった状態なので、その心情にどれだけ共感できるかが重要です。1年目のころは営業目線の発言が多かったと思いますが、2年目の今はお客様目線で話せるようになりました。

成長のきっかけは、上司の働く姿を間近で見たことです。相手の話にしっかりと頷く、声のトーンを上げてわかりやすく話す、などの所作で営業としての大きな差を痛感しましたね。ONEでは参考にするべき人が社内にたくさんいるので、とても心強く感じています。

それにONEのメンバーは常に他のメンバーのことを心配して、みんなやさしい。うまくいかないことがあって、落ち込んだりすると、上司や先輩たちが気遣ったりしていますね。たとえ席が離れていても「そういえばあの件、大丈夫?」と声をかけてくれたりすることもあるんです。私自身、そんな社風に助けられてきた部分があります。今は私がチーフという立場なので、今度は自分が他のメンバーを助けられるようにバックアップしていきたい。そして、自分をここまで育ててくれたONEへ恩を返すため、さらに成長したいと思います。

RECRUIT
INFO
採用情報

私たちは、共に成長し、
チャレンジしていく仲間を募集しています。